« Trick or treat. | トップページ | デジカメ買いました »

2005年9月18日 (日)

雨は手のひらにいっぱい

シュガーベイブ唯一のアルバム「SONGS」。

SugarBabe

冒頭からいきなり「山下達郎(C)」。30年も前なのに。

何と首尾一貫した人でしょう。

学生の時に中古盤屋を探し回ってやっとの思いでLPを手に入れました(オリジナルではなく再発盤でしたが)。

今はCDで簡単に聴けます。CDも、もちろん買いました。CDのライナーは何と山下達郎氏本人が書いています。「シュガーベイブは実質私のワンマンバンドで、自分以外のメンバーとの実力差が大きくてなかなか苦労した」という趣旨のことを、もう少し柔らかく書いてあります。普通の人がそんなことを言えば頭に来るのでしょうが、これくらいすごい人が言うと「なるほど」と思うだけですね。他に言いようがないのでしょうし。

少し前にFM東京で山下達郎、大貫妙子両氏が話しているのを聴いたのですが、どちらも、この「SONGS」ではギャラ、印税を一切もらっていないそうです。ひどい話。それにしても、あの山下達郎が「山下君」と呼ばれているのを聴くのは非常に楽しかったですね。

「雨は手のひらにいっぱい」という曲が特に好きです。雨というのは日常生活ではイヤなものなのに、歌だとどうして良いのでしょうか。

|

« Trick or treat. | トップページ | デジカメ買いました »

コメント

今日、達郎の新譜買いました。
聞きながら仕事しています。
いろんな事をしていますが、とても安心して聞けます。
良い!!です。

投稿: ryo | 2005年9月18日 (日) 15時18分

買ったんやー。ええなあ。

確かにウワサにきくと色んな曲があるらしいねえ。

タワーレコードで試聴したけど本当に「良い!!」という感じやったね。近いうちに買ってしまうでしょう。

安心できるというのはよくわかります。
「山下達郎(c)」ですもんね。と私がいばることではありませんが。

投稿: Dai | 2005年9月18日 (日) 16時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132861/5995107

この記事へのトラックバック一覧です: 雨は手のひらにいっぱい:

» シュガー・ベイブ 「Songs」(1975) [音楽の杜]
山下達郎、大貫妙子が在籍していた伝説のバンド、唯一のアルバム レココレ最新号にて「シュガーベイブ」の特集が組まれていたことから、久しぶりに本作を聞き直し、改めてシュガーベイブのエバーグリーンな音に感激しました。 12月7日には「30th Anniversary Edition」が発売されましたが、30年以上前の作品とは思えない、クオリティの高さですね。 シュガーベイブについては今更ここで説明は必要ないと思いますが、ニューミュージックの基礎を築き上げた山下達郎、大貫妙子が在籍していたバン... [続きを読む]

受信: 2005年12月23日 (金) 20時50分

« Trick or treat. | トップページ | デジカメ買いました »