« DOUBLE DECKER | トップページ | かもめが翔んだ日 »

2006年1月31日 (火)

BLACKBIRD, FLY.

ロンドンの二階建てバスなんですけど、あれ、深夜も走ってたんですよね。今は知らないですが。午前3時とか4時とか、途方もない時間に乗ったことがあります。日本だと滅多に深夜に出歩くなんてことはないですけど、不思議なもので、外国だとちょっと違ったりして。

あれは踊り疲れたディスコの帰り(「大阪で生まれた女」みたいです。私は「大阪で生まれた男」なわけですが。どうでもいい...)でした。

バスを降りて、夜明けが近いとはいえ、まだ暗い街を歩いていたら、大きな街路樹からどこかで聞いたような鳥の声がします。「どこで聞いたんだろう...」半分呆けた頭で懸命に考えていたら、思い当たりました。ビートルズの「ホワイトアルバム」だったのです。

whitealbum そう、その鳥こそ"Blackbird"でした。"singing in the dead of night"という歌詞は嘘ではなかったんですね。

Blackbirdの声を聞いた途端、自分は日本人で、英国人ではない、ここは外国なんだな、遠くへ来たな、と強く感じました。別に淋しいとか、帰りたい、とか、そういう風に思ったわけではないのですが、ただ、当たり前のことをちゃんと理解した気がしました。

でも、英語って、"black bird"と"blackbird"で意味が違うから困りますねえ。

|

« DOUBLE DECKER | トップページ | かもめが翔んだ日 »

コメント

一日遅れの、コメントで失礼します。
そうなんです・・・深夜も、走ってるんです。
さすがに、夜は怖くて、ロンドンを、ウロウロしようと思いませんが・・・
ずっと気になってたんですが、公園などでくつろいでると、やたらと、おじいさんに、声をかけられました。
何も聞いていないのに、「道に迷ったの?」って隣に、座ってくるんです。(笑)
邪険にできず、付き合ってたら、一時間以上話されました・・・
淋しいのかな・・・

投稿: mavis | 2006年2月 1日 (水) 09時19分

確かに夜は怖いですね。都心も怖いですが、人気のない郊外も怖いです。何やら、日本とは違う種類のお化けが出そうで(足はちゃんとあるんだけど、口が耳まで裂けているやつとか)。もちろん、人間の方が怖いんですけど。

公園に散歩しているおじいさんが多いのがロンドンの特徴のような気がします。暇なんでしょうね。

投稿: Dai | 2006年2月 1日 (水) 10時53分

あ~夏目さんのせいで、怖い話を思い出した。ロンドンのホテルで、幽霊を見たんです。友人と、二人で見たので間違いなく・・・
怖くて眠れず二人で固まっていました。
「英語できないので、私たちに何言っても無駄です」なんて、唱えながら。(笑)
しばらく、本当に怖くて、目を開けたまま、シャンプーしましたよ。(>_<)

投稿: mavis | 2006年2月 1日 (水) 11時33分

それは怖い...。何を隠そう私は怖いものがすべて駄目です。ホラー映画なんて絶対に見ません。見る人の気が知れない。「英語できません」と言ってみたくなる気持ちもわかりますね。

しかし目を開けたままシャンプーをするのも、また別の怖さがあります。想像しただけで目が痛いです。

投稿: Dai | 2006年2月 1日 (水) 13時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132861/8423332

この記事へのトラックバック一覧です: BLACKBIRD, FLY.:

« DOUBLE DECKER | トップページ | かもめが翔んだ日 »