« ブリッジ | トップページ | ナリワイタイムス »

2006年1月18日 (水)

Les Essais de Michel de Montaigne

エッセイ、良いですね。色々な人のエッセイを読んでいますが、特に目黒考二さんの「笹塚日記」みたいに、毎日本を読んでいるだけで、何にも大きな事件が起きない、というようなものが面白いですね。でも、本当は書き方が面白ければ事件が起きるかどうかは二の次なんでしょうが。

エッセイ好きとしては、元祖エッセイとも言えるモンテーニュの「エセー」はやはり読んでおきたいと思い、一度岩波文庫を読みかけたのですが、難解で挫折。

最近、白水社から宮下志朗氏の新訳が出たので、「今度こそ」と思っています。

essais 今出ているのは「エセーI」ですが、最終的に全7巻になるようです。訳に追いつかれないように読んでいかねば。訳者あとがきに「正直いって専門のラブレーの翻訳も進行中であるから、この先どうなるのかと心配なのである...先は、はてしなく長い」と書いてありました。何がどのようにどのくらい大変なのか手にとるようにわかります。想像しただけで疲れてしまいました...。私も頑張ります。頑張りながら読みます。

しかし、16世紀の文章を、ひょいとお店に行って「これください」「毎度ありがとうございます」という具合に気軽に買えてしまうんですから、本屋ってすごいです。いつも思いますけど。

|

« ブリッジ | トップページ | ナリワイタイムス »

コメント

>16世紀の文章を、ひょいとお店に行って気軽に買えてしまうんですから、

ほんとですねぇ、当たり前のことだと感じてしまっていますけど、スゴイことですよね。 かえって書かれた当時の時代のほうが入手しにくかったりすることもありそうですよね(「枕草紙」とか・・?)。 ますます、本屋が好きになりそうです。 といっても最近はアマゾンさんばっかりなんですが。

投稿: yumi_in_the_rye | 2006年1月19日 (木) 18時26分

>かえって書かれた当時の時代のほうが入手しにくかったりすることも

そう、そうですよね。それにモンテーニュなど外国の人の本は、そもそも同時代には日本でほぼ入手不可能だったでしょうね。本屋はいいです。本屋がなくなったらどこに行けばいいのかわかりません...。私は最近、本は「家(アマゾン)で調べて店で買う」状態です。

投稿: Dai | 2006年1月19日 (木) 18時37分

私はもっぱら逆です。 書店で見てアマゾンで買う・・・あー、こういう消費者がいるから、ABCが閉店したりするんですよねぇ。 もっと貢献しないと。 

投稿: yumi_in_the_rye | 2006年1月19日 (木) 20時29分

ABCは良いですね。一度つぶれたので立ち直るのがまだ結構大変らしいですけど。でも、行くと今でもやっぱり楽しいです。パラダイス!

投稿: Dai | 2006年1月19日 (木) 20時46分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132861/8209883

この記事へのトラックバック一覧です: Les Essais de Michel de Montaigne:

« ブリッジ | トップページ | ナリワイタイムス »