« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月28日 (水)

2018年2月28日(水)晴時々曇

明日から3月やん。いややー。堪忍して。早すぎる。じたばたする。
少しだけ暖かくなったかも。少しだけだが。

Img_0656

星野源の新譜「ドラえもん」が届いた。まだ開封してない。なんかもったいなくてねえ。

Img_0661

もう桜の木がこんな感じに。しばらく目を離すと、もうまったく変わってるもんなあ。

| | コメント (0)

2018年2月27日 (火)

2018年2月27日(火)晴時々曇

寒い。寒い。寒い。昨日注文した膝掛け三点セットが届いた。綺麗な三色。

Img_0654

見ているだけで少し暖かくなるから、それだけでも買った意味あったかな。早速フル活用。しかし膝掛け合計4枚使ってると、ちょっと立ち上がるだけで大変。戻ってきたときフォーメーションを元に戻すのにも苦労する。ああめんどくさい。常夏の国に行きたい。いや、常春の国マリネラの方がいいか。
昼過ぎから、オリビア・ニュートン=ジョンのIf you love me let me knowがぐるぐるしていて止まらない。何がきっかけかもわからない。

| | コメント (0)

2018年2月26日 (月)

2018年2月26日(月)曇

天気が悪いし、寒いし、あまりうろうろせず、すぐに帰ってきた。

Img_0652

ランチはジョナサンの、若鶏のみぞれ煮膳。オクラと茄子が入っているのが嬉しいねえ。ひじきと切り干し大根がついているのもいい。店内が暖かくてだいぶ救われた。

アーロンチェアは本当にお尻が寒い。思わぬ弱点を露呈。フェイスブックでアドバイスをろもらい、膝掛けを敷いたらだいぶましになった。お尻が寒いとすごく寒いからねえ。こもっているとストレスがたまるのか、買い物したくなる。今日は膝掛け三点セットで千円ちょっとというのを見つけたので注文。楽しみ。

| | コメント (0)

2018年2月25日 (日)

2018年2月25日(日)曇

コウペンちゃんミュージアム!




コウペンちゃんの足あとが。




アデリーさんのぬいぐるみ。なにかを隠しているのだけど、なんなのかは謎。






ぬいぐるみ、売らないのかなあ。

| | コメント (0)

2018年2月24日 (土)

2018年2月24日(土)曇時々晴

フェローアカデミー、今期の授業が終了。




お昼はお蕎麦やさん。カツ丼と蕎麦のセット。このくらいならまだ食べられるな。うん。




久保尚子さんに最新の訳書をいただきました。欲しい本だったので嬉しい。楽しみ。

夜は打ち上げだったけど、写真は一枚もなし。やり終えた安堵感と、一人取り残されるような寂しさ。

| | コメント (0)

2018年2月23日 (金)

2018年2月23日(金)曇

体感としては今日が一番寒かった。寒くて寒くて、暖房してもいくら着込んでも寒くて、悲しくなってしまった。もういやだ。

Img_0565

 寒いし、自分があんまりかわいそうなので、今日はごちそう。中華街で麻婆茄子。ごちそうと言っても、これで650円。ありがたいねえ中華街。

Img_0566

 横浜スタジアム前のスターバックス。ラテ。今日はいい席が空いていた。

Img_0567

 お店からザッハトルテの差し入れが。向こうはただ、試供品を配っているだけなのだけれど、こういう思いがけないプレゼントがなんか嬉しいんだよねえ。あと、このくらいの量だけ食べられるメニューがあったら嬉しいと思う。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月22日 (木)

2018年2月22日(木)雨

今日は猫の日(というのか?)らしい。おかげでツイッターなどで猫のかわいい写真や絵をたくさん見られて、嬉しい。

 寒くて雨も降っていたので、どこへも行かず、写真も撮っていないから、書くことないな。

 最近は録画がたまっていた「ドキュメント72時間」というNHKの番組ばかり見ている。

 もちろん、特徴のある人ばかりを選んで番組に入れているのだろうとは思うけれど、それでも、「世の中に普通の人というのはいないな」と見ていて思う。

 一見、ごく普通に見える人が実はものすごく複雑な事情を抱えていたりする。そして、ほんの小さなことを支えに日々を送っている。考えてみれば自分もそうだなあと思う。ほんの小さな嬉しいことが自分を支えている。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月21日 (水)

2018年2月21日(水)曇

曇天(どんてん)をひっくり返すべく、天丼(てんどん)を食べる。

Img_0552

 味奈登庵(一発変換!)のかき揚げ天丼。これ大好きなのだけれど、この頃、全部食べきるのが苦しくなってきたよ。悲しいなあ。つまらないなあ...。

Img_0555

 横浜スタジアム前のスターバックス。ラテ。中華街のお店がなくなったので、広い机が必要な場合はここまで来なくてはいけない。いい場所なんだけどね。平日ならなんとか入れるし。

 帰り道、パンに買いにうっかり元町に寄ったけど、今日は案外混んでなかった。チャーミングセール中だけど。写真はなし。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月20日 (火)

2018年2月20日(火)曇

船の汽笛。

 これ聞いていると横浜にいるなあ、って思う。毎日、当たり前のように汽笛の音を聞く。色々なところから船が来て、色々なところへ向けて出ていく。いいなあ港。

Img_0538

 録音したのはこういう場所。大桟橋のすぐそば。

Img_0540_2

 このスクランブル交差点が本当に好きなのです。

Img_0542_2

 何度歩いても飽きない道。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月19日 (月)

2018年2月19日(月)曇時々晴

昨夜はまたナポリタン。目玉焼きのせ。

Img_0526

 またまたびっくりするくらい美味しい。やればうまくなるもんだねえ。

Img_0529

 なんだかフィルムカメラ熱が高まり、30年近く放置してあった、ペンタックスを引っ張り出す。大丈夫かな...と思いながら、おそるおそる電池を入れると、その途端、ウィーーーン!と元気良く動いて、感動した。かわいいやつめ。

Img_0530

スイッチを入れるとこうなる。先日買ったオリンパスよりも20年新しいので、やはり進歩を感じる。ズームレンズだし、フィルム巻き上げは自動だし。フラッシュ内蔵だし。オートフォーカスだし。

Img_0531

 ほらズーム。マクロ撮影ができるボタンまである。さすがに結構勉強しただけあって、30年前にはわからなかったことがたくさんわかるよ。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月18日 (日)

2018年2月18日(日)晴

昨日買ったフィルムカメラ、Olympus PEN EE2で撮った写真を現像した。

51820028

 元町のフェニックス。結構、厳しい条件だと思うのだが、綺麗に写っている。感動した。

51820034

 氷川丸。なんだろうねえ、この色合い。今日、撮った写真という感じはしない。

51820036

かもめ。単焦点なのだけれど、意外に近く移る。ピントはかもめには合わなかったな。オートフォーカスというわけでもなく、どこに合うかはカメラまかせなのだ。

51820037

 空の青と氷川丸の黒が気に入っている。

51820038

 このかもめたちは、思っていた以上によく写った。

51820047

 リムジンバス。これはYCAT行きかな。昔の羽田空港から来たような気がする。

51820049

 朝陽門。

 昨日 、蓋を開けたら一巻の終わり、なんて書いたが、フィルムの巻き戻しの時に方向を間違えて、ちゃんと巻けていない状態で蓋を開けてしまった...本当にやってしまった。でも、案外無事な写真が多くて助かった。次から気をつけよう。子供の頃、父に脅されたほどひどいことにはならなかったな。あれは、子供相手だからわざと大げさに行ってたんだろうなと思う。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月17日 (土)

2018年2月17日(土)晴時々曇

お久しぶりのあんぼっくす。元気そう。

Img_0501

おはよう。

Img_0505

 銀座。今日は、時計塔写して「銀座なう」ってやるの忘れた。しまった。うー。不覚。

Img_0517

 これは元町。火曜日からチャーミングセール。中華街は春節のイベント中なので、大変なことになりそう。

Img_0519

 50年前に発売されたこのカメラ、一目惚れしてつい買ってしまった。フルレストアされて、ピカピカで売っていたので。なんてかっこいい。電池がいらないのがいいなあ。久しぶりにフィルム買ったよ。ほら、今日はこんな写真、撮りましたよ、とすぐに見せられないもどかしさもいいな。近所の現像屋さんにも寄って色々聞いてきた。

Img_0520

上から見たところ。いいなあ。この針の枚数計。子供の頃、はじめてカメラを買ってもらった時(モノクロ専用で12枚しか撮れない、多分、子供向けのカメラ)、父に「フィルム入れたら、蓋開けるなよ、開けたら(フィルムだけに)一巻の終わりだぞ」とさんざん脅されたので、今も、結構、びびってる。怖いから早く現像したいのだけれど、ハーフサイズのカメラなので、24枚撮りで48枚撮れる。今、枚数計は30枚になってる。もう少し。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月16日 (金)

2018年2月16日(金)曇時々晴

 昨夜作ったカルボナーラ。

Img_0489

 これはもう大成功でしたね。美味しかった。貪り食ってしまった。前日のナポリタンの具を流用したので、にんにくを新たに刻むだけで済んだ。バカにされるかもしれないけど、スパゲティを茹でている間に洗い物をするというテクニックをようやくマスターした。どうして今まで気づかなかったかねえ。不思議。こういうのってある程度、回数をこなさないと目の前の当たり前のことに気づけない。

Img_0493

 もうすぐチャーミングセール。前回から、のんちゃんがキャラクターなのですごく嬉しい。なんかとっても贅沢。あの、あまちゃんのヒロインを元町だけで独占できるなんてねえ。ありがたいありがたい。みんな元町においで。

Img_0496

 ランドマークプラザのスターバックス。コーヒー豆がもうすぐなくなるで補充。カフェベロナ。

 みなとみらいのお店だと、結構ちゃんと座れるのでいい。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月15日 (木)

2018年2月15日(木)晴

朝、起きた時、すぐに違いがわかるくらいに暖かかった。随分と明るい気分になる。いよいよ三寒四温、と言われる季節が始まったのかもしれない。これからはきっと気温が乱高下すると、そして、気づいた時には、もう初夏、とかそういう感じだろう。焦るなあ。

Img_0465

 昨夜のナポリタン。焼きそばみたいな色に写ったけど、美味しかったなあ。コーヒーとナポリタンだけの喫茶店やろうかな、なんて、難しいよなあ。

Img_0473

 今日はサンマルク。ここはでっかい机があるのが助かる。机が狭いとなんだか落ち着かないから。

Img_0481

 屋根裏部屋ってなんか憧れるけど、元々は使用人のための部屋だったらしい。他の部屋とは入り口も違ったりして。でも、ちょっと現実感のないところがいい。

Img_0487

 なんか、もうパンばっかり買っている気がする。追い立てられているようでつらいけど、朝のパンは生きがいなのでね。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月14日 (水)

2018年2月14日(水)晴

 気温はそう変わらないのだが、今日は湯たんぽが必要なかった。暖かいのかな。明らかに日光の差し込む角度は変わっている。部屋に深く入り込まなくなった分、室温は上昇しない。良いのか悪いのかだが、春が近づいていると思うと嬉しい。

Img_0438

 昨夜作ったキムチチャーハン。キムチが残っていたので。これもばっちり、美味しかったなあ。狙いどおりの味。うんうん。

Img_0450

 ハクセキレイだと思う。近づいても逃げないので、結構アップで撮れた。ありがとう。かわいい。

Img_0460

ラテも飽きたので、ブレンド。今日はあんまりおやつ食べたいと思わなかった。そういう日もあるね。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月13日 (火)

2018年2月13日(火)晴

何日かおやつ自粛を続けたら、体重が1.5キロほど減ったので、ご褒美にちょっと...。

Img_0430

 前から食べたかった上島珈琲店のアップルパイ。晩御飯控えめにしないと。

Img_0433

 アップ。アメリカだと、これが「お袋の味」なんだとか。日本で言うと何になるのかな。肉じゃが? いや、今だとカレーライスか...。日本だと大きいオーブンがあるうちは少ないから、あんまりアップルパイは作らないよなあ。アメリカでは、オーブンがある前提で書かれた料理本が多くて、分量とか「書いてあるとおり」に何も考えずに作るとまず失敗しないのだと何かで読んだことがある。でも、アメリカの料理本は重さがポンドで書いてあるので、日本では使いづらいだろう。

Img_0435

 元町。こっちが西なんだということがよーくわかる。

Img_0436_2

 反対を向いてもう一枚。自分の影が写った。

Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月12日 (月)

2018年2月12日(月)晴

朝はなんだか暖かくて、暖房せずに済んだ。室温はほとんど変わらないのだけれど、暖かいと感じるのは、やはり春が近づいているからだろうか。

Img_0410

昨夜、作ったペペロンチーノ。生姜入り。生姜、合うなあ。最初に生姜を入れた時には、にんにくと生姜の味がまったく溶け合ってなくて、ペペロンチーノに生姜を入れました、という味だったのだけれど、今回は何となくカンで、醤油を入れれば両者が溶け合うのでは、と思って試してみたらばっちりだった。こんなに美味しくなるとは。

Img_0419

 休日の関内。まっすぐな路地。

Img_0424

 ベイスターズ通りのドトール。今日は忘れずにパンを買った。しかし、ついこの間、ここでパンを買う話を書いたばかりなのに、早いねえ。パンばかり買っている気がする。

 Webマガジン最新号 第4号、発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月11日 (日)

2018年2月11日(日)晴

今日は本当に暖かくなった。少し生き返った気分だ。このまま春にはるわけはないけど、なんとか峠は越えたんじゃないかと思える。

Img_0405

 日本のサグラダ・ファミリアこと横浜駅。一時ちょっと落ち着いたのかな、と思っていたら、まだ派手に工事が始まった。ずっと工事中の駅を使わされるのも嫌なものです。暗くて気が滅入る。

Img_0406

何ができるのかねえ。本当にどこを目指しているのだかわからないのがいらだたしい。横浜は好きだけれど、この界隈はどうにも好きになれない。

Img_0408

 今日の(一応の)目的地はここ。体組成計の電池が切れたので買いに来た、という。相当、無駄な行為。合理的に合理的にと思って生活しているとある時、ぷちっと切れて、無駄なことがしたくなる。無駄なことは潤いなのだなあ、と思う。帰りに、とらやの前を通りかかったら、無性にようかん買いたくなったよ。財布置いてきてよかった。持ってたら、買っていたかも。食べきれないのに。

Img_0409

 体組成計はこれ。無事に電池交換。

Webマガジン「横浜翻訳生活」最新号、第4号を発売しました。

| | コメント (0)

2018年2月10日 (土)

2018年2月10日(土)晴後曇

天気予報ではすごく暖かくなる、ということだったのだけれど、そうでもなかった。しかも午後3時くらいから天気が崩れると、同時に急激に気温も下がった。誰も騙そうとしたわけではないのだけど、騙された、とつい言ってしまう。昨日くらいからまた寒さがこたえるよ。うー。

Img_0394

 フェローアカデミーのあと、またジャパランカカレー。ほんとこれ美味しい。同じのを繰り返す癖。

Img_0395

 帰りに、最近知った中目黒のこのお店。東京駅や成田空港にもあるのだが、旅行に関係するものばかりを集めたお店。岡本太郎のちょっと興味を惹かれる本があったのだけれど、自粛。こういうのを何も考えずにほいっと買える状態にはしておきたいなと思った。今日、ここで買わないとあんまり意味がない本だと思った。

Img_0399

 日差しは春、だったのだけれど。

Webマガジン「横浜翻訳生活」の最新号、第4号を発売しました。よろしければ。

| | コメント (0)

2018年2月 9日 (金)

2018年2月9日(金)晴

今日は気温は高いのに、妙に寒かった。歩いているだけで悲しくなるような寒さ。明日は予報では暖かいらしいので期待。

Dsc07504

 今日もカフェラテ。気に入ると同じことを繰り返す癖が。席もだいたい同じ。ムーミンパパの尊大さが好きでたまらない。

Dsc07507

 コーヒーフィルターがなくなったので補充。結局、メリタの純正でないとだめだ。安いのを買うと、うまくはまらない。ナチュラルローソンに売っているので助かる。メリタはあまり細かいことを気にしなくてもうまくドリップできるところがいい。

Dsc07514

 ここから遠くに見える海が好きだ。カメラの性能が上がったのでちゃんと海が写っている。

Dsc07518

 横浜港のガントリークレーン。通称「キリン」。これでコンテナが積み下ろしされる。コンテナは世界中から来て、世界中に行く。

Dsc07520

 これも、カメラの性能が上がったから撮れるようになった写真。少し前のカメラなら、確実に細かいところが潰れてしまったはず。といっても今使っているカメラも5年前に買ったもの。今はもっと性能上がっているのかな。すごい。

Webマガジン「横浜翻訳生活」第3号、販売中です。バックナンバーもすべて販売中。翻訳についてなんだかんだ、結構色々書いています。次号第4号は明日、10日発売です。

| | コメント (0)

2018年2月 8日 (木)

2018年2月8日(木)晴後曇

昨夜作ったチャーハン。

Img_0371

これは、前の日に作ったナポリタンの具を流用して作ったもの。ナポリタンの具をあらかじめ多く作ってあまった分を冷凍しておく。だんだん、調理の手間を減らす技術(というほどのものではない)が向上してきた。これもかなり美味しかったです。味つけが一発でぴたりと決まるねえ。

Img_0374

 感動的なメッセージ。このキャップ、買ってしまいそう...買うしかないやん、と思わせるのがうまいチーム。

Img_0376

 先日のムーミン読書会で話題になった復刻版、無事入手。嬉しい。すでに入手困難なので、見つけたら即、買うといいですよ。

Webマガジン「横浜翻訳生活」第3号、販売中です。バックナンバーもすべて販売中。翻訳についてなんだかんだ、結構色々書いています。次号第4号は今週末10日発売です。

| | コメント (0)

2018年2月 7日 (水)

2018年2月7日(水)晴

少しずつだけど日に日に暖かくなっていく。まだ寒いのは寒いけれど。上向いている時というのは嬉しいものだ。完全に上がりきった時よりも、これから上がっていきそう、という時の方が楽しい気分になる。これから暖かくなるという期待があるから今の寒さも耐えやすい。もうすぐ春だ。

Dsc07484

 昨夜作ったナポリタン。作る度に思った以上に美味しいので自分で感心する。なんだか自分だけ食べているのがもったいない。とはいえ、一度にたくさん作る自信はない。

Dsc07490

 ドトールでカフェラテ。小麦粉自粛中なのだが、単にコーヒーだけではつい寂しくて、ラテにしてしまう。いや、どっちも美味しいのだけれど。何かを足したいという気持ち。「ムーミンパパの思い出」トーベ・ヤンソンという人はどこからこういう話を思いつくのだろう。読んでいると自然にニヤけてしまう。

Dsc07487

 空の色が違ってきた。木の葉はないけどね。

Webマガジン「横浜翻訳生活」第3号、販売中です。バックナンバーもすべて販売中。翻訳についてなんだかんだ、結構色々書いています。次号第4号は今週末10日発売です。

| | コメント (0)

2018年2月 6日 (火)

2018年2月6日(火)晴

朝は相変わらず寒いけれど、昼間はだいぶ平気になってきた。外でも日向は暖かい。日陰はびっくりするほど寒いけど。あと、日の出が早く、日の入りが遅くなったのも嬉しい。夕方5時でもまだ明るいよ。朝と昼間が好きなんです。夜が嫌いなんですよ。なんか怖いんです。子供。おひさまが出ている時がやはり嬉しい。

Dsc07477

 スターバックス。中華街店がなくなったので元町店に行くことが増えてきた。元町店は小さいので混むのが難点。ただ、平日ならば、何とか席はある。ラテのショート。おやつは食べたいけれど、しばらく自粛。一日一小麦粉の習慣を断ち切らねば。恐ろしいことになってしまう。自粛を続けているかいあって、体重は少し見慣れた領域に近づいてきている。それでもまだ、少し前なら考えられなかった数値である。怖いよー。

Dsc07483

 こういう写真、何回撮ったかねえ。何度見ても見飽きない景色。ホテルニューグランド越しの氷川丸。横浜っぽい。撮った時は氷川丸がちゃんと写ってるか不安だったけれど、カメラの性能がすごいねえ。

Dsc07479

 冬はこういう雲がよく出る気がする。ちょうど太陽の前に出て、日差しを少し遮る。

Webマガジン「横浜翻訳生活」第3号、販売中です。バックナンバーもすべて販売中。翻訳についてなんだかんだ、結構色々書いています。次号第4号は今週末10日発売です。

| | コメント (0)

2018年2月 5日 (月)

2018年2月5日(月)晴

慣れただけなのか、少し寒さが緩んだ気がする。昼間は外でも7℃とか9℃とかになっているから実際ましなのだろう。立春すぎたからかなあ。春にはなってほしいが時間が経つのは嫌だといういつものジレンマ。色々なことをテキパキこなしていっても、所要時間は絶対にゼロではないから、どうしても時間が減ってしまう。別に無駄な時間を過ごしてはいないのだけれど、ああ、時間が減ってしまった...とそればかり嘆いている最近の私。昔からそういうところあるけどねえ。

Img_0354

 日のあたり方が変わってきたね。4時過ぎの元町。真正面から西日が差して、前が見えなかった。この写真は前が見えない状況で撮っている。どう撮れているのかさっぱりわからなかった。明らかに日光は強くなっている。

Img_0359

これは一応、前が見えている状態で撮った。これも元町。いつもより少し遅い時間だったかも。もう出るのやめようかとも思ったのだけれど、そのまま一日が終わってしまうのもあまりに悲しい気がして、出てみた。あてもなく歩くわけだけれど、こういう時は一応、「あて」を作ると少し楽しくなる。

Img_0362

 今日の「あて」はこれ。パンを買った。まだ2日くらいはもつけれど、思い出した時に買っておけば、忘れないで済むし。一応、用事したぞ、という気分で帰宅。

Webマガジン「横浜翻訳生活」第3号、販売中です。バックナンバーもすべて販売中。翻訳についてなんだかんだ、結構色々書いています。

¥100も新しく(その2)を書きました。

| | コメント (0)

2018年2月 4日 (日)

2018年2月4日(日)晴

最低気温が2℃でも、おおプラスやんと思うくらい感覚がおかしくなっている。氷河期だろうか。太陽活動が弱まっているという話もあるが大丈夫か。

 17世紀とか18世紀には地球全体が冷え、テムズ川が凍ったりしていたらしいし、日本でも大飢饉が何度も起きたらしい。そういうことにまたならないとも限らない。怖いねえ。温暖化と相殺し合ってええ具合になればいいが、なかなかそう都合良くはいかないだろう。

 ペンギンやシロクマも心配だが、自分の身も心配だ。

Img_0340

 またまた玉子焼き。昨夜作ったもの。ますます美味しくなった。このところ、追いがつおつゆを入れている。そうしたら狙いどおり見事にだし巻きに。これで結構生きている気がする。

Dsc07468

 昼に食べたポークカツレツ。とんかつじゃなくて、カツレツ。カツレツ食べたいなあ、と思っていたので食べられてよかった。カツレツだと、ナイフ、フォークを使うのが前提なので、お箸で食べられるサイズに切られてはいないのです。そこも違い。日本は何でもお箸に合わせてあるから面白いねえ。

Webマガジン「横浜翻訳生活」第3号、販売中です。バックナンバーもすべて販売中。翻訳についてなんだかんだ、結構色々書いています。

¥100も新しく(その2)を書きました。

| | コメント (0)

2018年2月 3日 (土)

20118年2月3日(土)曇

節分。だから明日から一応、春である。春なんだよな。春なのにー♪ ってなことになりませんように。少しは暖かくなってくれよー。もう限界。と言ったところで誰も何ともしてくれないわけだが。

Dsc07452

 フェローアカデミーへと向かうこの道。もうかれこれ四半世紀は歩いているのだけれど、一方通行でないのにはじめて気づいた。車がすれ違いに苦労しているのを見たから。こんな都会の真ん中で。東京って意外にこういうところがある。

Dsc07455

 今日のお昼はおそばやさん。写真では天丼が主役になってる。どうしても、ねえ。ごはんが好きなんですよ。いや、美味しいおそばだったけど。そばやで丼、ラーメン屋でチャーハン食べるのが好きなんです。

Img_0330

 東京駅の、コウペンちゃん はなまるステーションに行った。コウペンちゃん人気を私は甘く見ていましたね。お店どこだろう、とうろうろしていたら、人だかり、行列を見かけて、アイドルでも来てるのか、はなまるステーションはどこだ...とよーく見たら、そこがまさにはなまるステーションだったという。行列が折れて曲がってましたよ。

Img_0331

 駅員さんになったコウペンちゃんのぬいぐるみ、ふわふわでかわいいのだけれど、もう、うちにはコウペンちゃんの居場所がないのでした...。

Dsc07461

 中目黒。

Webマガジン「横浜翻訳生活」第3号、発売しました。創刊号、第2号も引き続き販売しています。

| | コメント (0)

2018年2月 2日 (金)

2018年2月2日(金)雨

寒いのもういい加減にしてほしい。雪はほとんど降らなかったのでまだいいが。夜中に降ったくらいのようだ。

 今日はスーパーに行っただけで、あとはどこにも行かなかった。でも、スーパーは気晴らしになるね。なぜなのか、と考えてみた。きっと「素材」が並んでいるからだろうと思う。

 素材には可能性がある。色々なものになり得る。つまり、今、目の前に並んでいるものの姿は、それがすべてではないということだ。一つひとつに無限の広がりがある。そのことが気持ちを開放するのではないかと思う。

 私ですらそうなのだから、料理上手な人はもっとそうだろう。同じ素材を見ても思いつくメニューの数がすごく多い人は、それだけ多くの可能性を感じることになる。

Img_0323

 玉子焼きまた作った。だいぶ四角くなった。そして、何よりすごく美味しくなってきた。一口食べた途端、「なにこれ!」と思わず言うくらい。夢中でぱくぱく食べた。

有料Webマガジン「横浜翻訳生活」の最新号、第3号、発売しました! 翻訳日記、翻訳についての考え、思い出話、あれこれ書いています。

| | コメント (0)

2018年2月 1日 (木)

2018年2月1日(木)雨

今日はムーミン読書会(「ヘムレンさんの本読み会」というタイトルにしている)だった。第二回の今回、課題図書は『たのしいムーミン一家』だった。前回の『ムーミン谷の彗星』とは少し違って明るい、なんというかアニメから入ったムーミンファンにも親しみやすい感じ。

Img_0319

 でも、底に流れるものはやはり同じだと感じた。そして、何より良いと思うのは、まったく理屈に合わない、この世の常識とは違う別世界があるのだと思えること。本当に救いになる。逃避と言えば聞こえは悪いけれど、人間には一つ二つ、逃避先が必要なのだと私は思っている。完璧に見えるムーミンママがハンドバッグに異常に執着するように。

 次回も楽しみ。次は『ムーミンパパの思い出』だ。

有料Webマガジン「横浜翻訳生活」の最新号、第3号、発売しました! 翻訳日記、翻訳についての考え、思い出話、あれこれ書いています。

| | コメント (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »