« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月24日 (金)

ラタトゥイユ

ラタトゥイユを作った。ラタトゥイユが大好きなので、自分で作れるといいな、とずっと思っていたんだけど、ズッキーニとかパプリカとか、ほかに応用の仕方がよくわからない野菜がいるので躊躇していた。でも、作り置きすればいいじゃん!と思って作ったら簡単だった。食べながら笑いが出るおいしさ。作り置きがまだあるんだよー。楽しみ。


| | コメント (0)

2018年8月22日 (水)

自分を評価しない(思考の泡2)

 自分を評価してはいけないな。そう思う。それは不幸への道だ。もちろん、時には運が良くて調子が良くて、「自分はなかなか良い」と思えることもあるだろう。でも、「なかなか良い」などと思ってしまうと、調子が悪くなった時には「良くない」と思わなくてはいけない。きっとそういう時の方が長い。

 きっと「良い」と思った時の評価も「悪い」と思った時の評価も正しくはない。そのどちらでもないところに、自分の本当の姿はある。その姿を正確に知ったところで何になるのか。何にもならない。

 いつもただ、淡々とできると思ったことをし、するべきことをする。それを続ける。評価をするのは他人。しかもその評価は無責任で当てにならないものだ。自分も評価しないし、他人の評価は本当かどうかわからない。だからどうでもいい。

 できるはずのことをしないとか、するべきことをしないとか、それはとても残念なので、そういうことにだけはならないようにしたい。そういう感じでいきたいと思う。

| | コメント (2)

2018年8月20日 (月)

眠い眠い(思考の泡1)

 眠い。寝てないから当たり前。徹夜して作業した、とかではない。ただ眠れないから寝ていない。昼間は眠いからよく寝ているんだけどねえ。昼間にいくら寝ても取り返せないらしい。理不尽な話だ。そんなに困るんなら寝ればいいだろ、と思うのに。それができないとは。

 こうするとよくない、ということがあるとすると、たいていそっちにいってしまう。そうじゃない人間もいるとは思う。よくないとわかっていることは決してしない人間と、よくないとわかっていることに限ってしてしまう人間。人間は大きく分けて二種類になる。なんて言い方が好きだけど、こんな分類、単なる便宜上のものであって、大した意味はないのだ。簡単に例外は見つかるし、例外を3つもあげればすぐにぐだぐだになってしまう。与太話。

 そういえば、昔は面白いなあと思って読んだエッセイが、今読むと単なる与太話だったりして、まったく読めないことがある。それは良いことなのか良くないことなのか、わからない。成長したのか、楽しみが一つ減ったのか。

 屈託があるかないかといえば、自分は割に屈託の「ある」方ではないかと思うのだけれど、それは別に悪いことでもない気がする。

なんのこっちゃ。思考の泡。

| | コメント (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »