« 日本史の誕生 | トップページ | ボブ・ディラン - 自由に生きる言葉 »

2008年12月23日 (火)

マカロニほうれん荘

鴨川つばめ著 「マカロニほうれん荘

Img_0078

技術と芸術の最大の違いは、「個人の力」の大きさではないだろうか。技術は人から人へ伝承される。きちんと伝承されれば、徐々に進歩し、向上していく可能性が高い。しかし、芸術は必ずしもそうではない。芸術は一人の力で劇的に変化する。一人の芸術家により、それまでの芸術がまったく否定されることもあり得る。ただし、それはあくまで変化であって、進歩でないところが技術とは違う。また、劇的な変化をもたらした個人の芸術は、模倣はされても伝承はされない。模倣され、消費されるだけである。消費し尽くされれば、あとは死を待つのみだ。ただ、いったん死んでも、時を経て、別の解釈によって蘇ることはある。

「マカロニほうれん荘」は、それまでのギャグ漫画の世界をたった一作品で破壊し、大変化をもたらした。そのおかしさは文字通り爆弾のようだった。だからこその破壊力。その後、盛んに模倣され、され尽くした。作品自身も著者もあっという間に燃え尽きた...

...というかなんというか、ほんと、笑った、笑った、息ができないほど、腹が破れるんじゃないかと思うほど...小学生にほんま、何してくれてんねん。

アマゾンで見たら、新品で全巻、買えるらしい。びっくり仰天。大喜び。もう小学生じゃないから友達に借りなくても、買えるなあ...まとめて買っちゃおうかなあ。

Img_0079

トシちゃんかんげきーっ!

Img_0080

トシちゃん25歳。

Img_0083

ヴァン・ヘイレンって、この漫画で知ったんだよなあ。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

ブログランキングに参加中!もし、できましたら、上のボタンを1日1クリックしていただけると嬉しいです。

姉妹ブログ「横浜翻訳生活」もよろしくお願いします。

|

« 日本史の誕生 | トップページ | ボブ・ディラン - 自由に生きる言葉 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

今こそ大人買いです、先生!
でも子供の頃友達に借りたり、床屋さんで読んだりしたのも良い思い出ですよね。
あんなに大人気だったのにアニメ化されなかったのも不思議です。

投稿: Route66 | 2008年12月24日 (水) 09時03分

気持ちはかなり動いてます。たまたま、昨日アマゾンで買った本一冊と、マカロニ全巻とがほとんど同じ値段、というのも大きいです。
(^0^)/

小学生の頃は苦労しましたよねえ。必死で頼んで借りたりして。全巻揃えている友達、っていないし。
(^^;)

アニメ化されなかったことで余計に神秘性が増したのかもしれませんね。
(^0^)

投稿: Dai | 2008年12月24日 (水) 09時37分

『マカロニほうれん荘』は僕にとってもバイブルです(^^) 漫画の可能性を限りなく押し広げた傑作ですよね。全巻持ってたんだけど、青春のどさくさでいつのまにか捨てちゃったんですよね~。ほんと、アホです。当面は買い物をセーブしようと思っていますが、いつの日か、大人買いしたいと思います(^^)

投稿: iwahi | 2008年12月27日 (土) 08時33分

いやいや、同じ本を3冊買われたくらいですから、ここはいっそ、一気に!
(^0^)/

...と無意味に煽ってみる...

投稿: Dai | 2008年12月27日 (土) 08時55分

なぜか昨日から我が家で「マカロニほうれん荘」ねたが熱い。
私、40歳。
妻、32歳。
妻は全くその存在を知りませんでした。
この破壊的面白さの漫画を知らないなんて・・・。
全9巻、大人買いするか真剣に悩み中。
(しかも新刊で手に入るなんて・・・としちゃんかんげきー!)

投稿: としちゃんかんげきー | 2009年1月14日 (水) 17時42分

おおっ年齢近いですね。あっという間に終わってしまったので、奥様がご存知ないのは無理もないですね。セブンアンドワイには、全巻セット3738円というのもあります。是非!
(^0^)/

秋田書店には何ももらってないですよ...
(^^;)

投稿: Dai | 2009年1月14日 (水) 17時48分

こんにちは
初めてここへ。トシちゃんの画像さがしてました。
小学生だったんですね。私は中二でした。今でも忘れない、隣の席の子に勧められて。母がほぼきんどーさんでした...お金無くて今無くしてしまった全巻買えません!きんどーさんは他人とは思えません...
マカロニファンの方、好きです

投稿: Yayoi Oguchi | 2018年10月15日 (月) 16時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132861/43510055

この記事へのトラックバック一覧です: マカロニほうれん荘:

« 日本史の誕生 | トップページ | ボブ・ディラン - 自由に生きる言葉 »