« 25時間(その5) | トップページ | 部分 »

2016年4月 9日 (土)

25時間(その6)

一人残されてからしばらく待って、ようやく搭乗の時間となった。いよいよ長旅の始まりだ。もう記憶は曖昧だが、確か、シンガポールからロンドンまで12、3時間というところだったと思う。

機内食が出る。食べる。しばらくするとまた、機内食が出る。その間、ほとんど動いていないので、まったく腹が減っていない。緊張のためか、元から食欲がないので、気持ち悪い。そして、機内食が出てから食べ終わり、片づけてもらうまでの間は、席に閉じ込められることになる。機内食は私にとって恐怖の時間となった。お願いだから何も持ってこないで、と祈るようになった。どうすれば、断れるのだろう。そればかりを考えるようになった。
−つづくー

|

« 25時間(その5) | トップページ | 部分 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 25時間(その5) | トップページ | 部分 »